採用情報:クロスボーダー・イノベーション・グループ(2019年7月31日まで)

 

【業務内容】

クロスボーダー・イノベーション・グループの業務は、新興国でのベンチャーや中小企業のビジネスの立ち上げ支援です。私たちは、新興国の抱える社会課題にアプローチし、SDGsの達成に貢献できる民間のビジネスの実現をサポートします。私たちの活動範囲は、特定の国や地域を対象とはしていません。さらに、ODAや民間といった枠組みや、クライアントと当社といった枠も超えて、クライアントの中に入り込んで一緒に革新的なビジネスを立ち上げることを目指しています。

現在のクロスボーダー・イノベーション・グループの業務の例としては:

  • カンボジアの現地政府と連携し食品安全の仕組みをつくることで、クライアントの食品衛生検査所がカンボジア初の衛生検査所として事業展開できるように支援(飛びだせJapan!・JICA案件化調査)
  • バングラデシュの現地政府と連携して、日本企業が必要とする人材の育成と日本への就労支援を行う人材プラットフォームを構築する(自社事業・JICA案件化調査)

このように私たちのコアとなるサービスはODAと民間が連携する“現地政府と連携したビジネス領域”における「0→1の新規事業のデザインと実際の立ち上げ支援」です。

 

【関連サイト】

  • クロスボーダー・イノベーション・グループのメンバーが中心となって事業の立ち上げを行った経済産業省の補助金事業「飛びだせJapan!」については、こちらのホームページをご参照ください:
    http://www.icnet.co.jp/tobidase_japan/
  • クロスボーダー・イノベーション・グループでは、広報・マーケティングにも力を入れています。クロスボーダー・イノベーション・グループを含むグローバルビジネス支援事業部の活動については、こちらのホームページをご参照ください:
    https://icnet-biz.com/

 

【担当していただく業務】

1. 新興国でビジネスの立ち上げを目指すクライアントの支援
 ・現地で展開するビジネスモデルの立案
 ・クライアントの製品・サービスを実際に販売する営業

2. 新興国でのクライアントとの共同事業の実施
 ・実際に現地に長期(各渡航最長1ヶ月程度)滞在しクライアントの事業開発を支援
 ・クライアントのビジネス展開に有益な現地ネットワークの構築

3. クライアントの事業展開を支援するための補助金等の獲得
 ・JICAの中小企業支援スキーム、技プロなどへの応札・実施
 ・その他、経済産業省などの補助金への応札・実施

4. その他関連業務
 ・クライアントおよび当社の事業の広報・マーケティング、など

※上記1.~3.については、入社後1年後にはご自身で担当できるようになるスキルを持った人材であることが望ましいですが、異業種からの応募や職歴が浅い場合には2年間を育成期間としてチーム内で育成を行います。そのため、将来的にこれらのスキルを持った人材になりたいという方の応募もお待ちしています。

詳細については、アイ・シー・ネット(株)の募集ページをご参照ください。

 

NO IMAGE

海外ビジネス展開のコンサルティングサービス

海外展開として途上国でのビジネスチャンスに挑戦してみたい、でも、不慣れな途上国でどうやってビジネスの立ち上げをすればいいのか、といった日本企業をサポートしています。調査計画の立案から、現地調査、ビジネスプランの作成、現地での事業開発を含むワンストップサービスを提供しています。

CTR IMG